スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • | - |
  • |
  • - |
  • - |
  • - |
  • - |

ANTHEM ABSOLUTE WORLD TOUR 2014 FINAL@CITTA'

雨上がりのカワサキに〜♫

遂にこの日がやって来ました、ANTHEM TOUR FINAL。


超嬉し、ちょい寂し、ってとこですかね?

いよいよデス、絶対的な世界を初体験デス(//∇//)

今日は早めに来ました。逸る気持ちを抑えきれなくてねw

本当は一ヶ所くらいツアーの遠征をしてみたかっだけど

叶わずじまい。だもの、既に爆発寸前ですわよ。

16時、物販の長蛇の列。

ここでライヴT‐シャツに着替えてテンションを上げて行くんですね。

試合直前のボクサーの気分。

拳を振り上げて雄叫びをあげたいところだけど私には無理だわw

相変わらずキッチリ。18時、ロニーの歌声と共に定刻に開演。

初っぱなから新譜のあのエグい看板曲のSHINE ONからスタート。

ほとばしるオーディエンスの歓声にテンションアゲアゲ。

メンバーの神々しいお姿にアタシったら満面の笑みよ。

ニタニタが止まらなかったわ!(//∇//)

バンドの躍動感とオーディエンスの一体感に煽られるのが気持ち良くてステージから目が離せない、瞬きするのも惜しいくらいよ。

ANTHEMには以前から外タレのような貫禄と華やかさを感じていました。音楽は元よりヴィジュアルや人間性がアタシ好みなんだな、

70年代のハードロック系、ツェッペリン的な感じというのかな?w

熟練したグルーヴや楽器隊全体の音のバランスがとても安定してて、それはバンドの実力だけじゃなくてね、優秀なスタッフに支えられているなってことが物凄く伝わって来るんですよ。長いキャリアを積んで築き上げて来たANTHEMの音楽の歴史そのものがライヴを通して鮮明に私の目に映るんですね。

新生ANTHEMでは、

今年8月のお披露目ツアー【FIRST CONTACT】に次いで

2度目のツアー。Vo・森川之雄さん、Ds・田丸勇さんはバンドに馴染むどころか更にパワーアップ、スケールアップしておられました。前任メンバーの功績や軌跡を難なく継承しながらもそれぞれの個性を全面に押し出し大きな存在感を発揮していましたね。

特にDsの田丸さんの尋常じゃないスタミナやキレの良さは並々ならぬ努力の賜物の他ないでしょうね。ライヴの中盤におけるドラムソロはいわゆる花形、と言うかライヴのメインイベント(?) 後半戦の盛り上がりを左右すると言っても過言ではないくらいの重要なポイントですからね長過ぎても短過ぎてもいけないし、限られた時間の中でより自身をアピールするためには、ここはテクニックの見せ所でしょう。田丸さんは若者らしい攻撃的でスピードとパワー溢れる正確なドラミング・ドラムソロを観せて下さいましたよ。ガタイもいいしね、本当にメタルのドラマーに相応しいタイプのミュージシャンだなぁと思いました。ANTHEMと言う重た過ぎるほどの看板を背負ってしまったけれど田丸さんは今後のANTHEMの進化のキーマンになるのではないかと感じた次第であります。METALLICAのドラマーと兼任出来んじゃね?みたいなぁ〜w 彼は海外でも充分通用するでしょう!

ANTHEMライヴは最高でした。何度観ても最高だなって思います♡

ANTHEM歴2年とちょいでFESも含めて全部で8回観たかな。

毎回、観るたびに新しい発見があってとても新鮮ですね。

じわじわと体に浸透して少しづつ支配されて行く感じ?w

CITTA’の会場の雰囲気もとてもいいし、段々慣れてきた♡

私はいわゆるジャパメタ? LOUDNESSとBOWWOWくらいしか聴いたことがなかったんですよ。LOUDNESSだって根詰めて聴き始めたのは樋口宗孝氏が亡くなってからですしね。Milky Wayなんて没後初めて聴いたんですよ。で、今になって何故にANTHEM? ANTHEMは私にとっては私よりも若い世代の音楽のイメージなんですね。樋口さんが亡くなって最初の追悼ライヴが全ての始まり、序章だった訳ですね。まずはその追悼ライヴに出演したLAZYを10年振りに観た。で、影山ヒロノブさん懐かしい〜と思って彼のソロアコギへ行った。(そのライヴ会場は坂本英三さんに紹介してもらったんだって影山さんが言ってた。)影山さん、やっぱ男前やわ〜と思ってJAM PROJECTの武道館ライヴへ行ったら、JAM結成10周年とかで歴代のメンバーだった坂本英三さんがゲストで出てた。初めて観た英三さんは何か胡散臭いなぁって思ったのねw でも英三さんのJAM時代の評価がとても高くてちょっと気になってはいたんですね。で、二井原実さんの横浜でのアコギライヴを観に行った時にたまたま英三さんもラインナップされてて、で、そこで英三さんのアコギライヴを初めて観たら何て面白い人なんだって思ったんですね。で、英三さんに興味を持って赤坂でのソロアコギへ行ってライヴを観たのが決定打かな。で、英三さんのWikipediaを見てみたら私の学校の先輩だったってことが発覚してw で、もうちょっと英三さんのことを知りたいなぁと思ってANTHEMのライヴへ足を運んでみたんです。アコギでしか知らなかった面白ミュージシャン・坂本英三さんの【キャモーン】にぶっ飛びましたねアタシは( ̄▽ ̄;) で、ANTHEMカッコいいじゃないの!、にたどり着いた訳です。今でもアウェイ感が半端ないっすが頑張って観に行ってます。なのでご褒美下さいw 全ては樋口さんが導いてくれたのだと信じてやまない 今日この頃でございます。

樋口さん、ANTHEMに会わせてくれてありがとうございました。

スポンサーサイト

  • | - |
  • 23:25 |
  • - |
  • - |
  • - |
  • - |

Comment

Trackback

この記事のトラックバックURL :
<< ANTHEM EVE | TOP | SWEET REIKO >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PR
Recent Entries
Archives
Recent Comments
Profile
Links
Other